AS muffin(アズマフィン)が大切にしている3つのこと

美味しく食べてもらいたいから
ご注文を受けてからひとつひとつ丁寧に手作りしています。


楽しく食べてもらいたいから
「美味しい」の先にある「人と人のつながり」を大切にします。


いつでも食べてもらいたいから
こだわり過ぎず。からだにも心にも、やさしく。


(1)美味しく食べてもらいたいから
ご注文を受けてからひとつひとつ丁寧に手作りしています。

「野菜」×「ナッツ、果物」などなど…

野菜との相性を考え、食材の組合せを工夫しています。

例えば定番メニューの「にんじん&ピーナッツバターマフィン」は

新鮮な生の人参を生地に混ぜ込み、ピーナツバターと組み合わせています。

野菜の水分を含んだ生地は“しっとり&もっちり”。

塩気のあるピーナツバターが

人参のふんわりとした甘さを引き立てる人気の野菜マフィンです。

手作りにこだわるのは、季節や食材ごとの微妙な違いを調整できるから。

野菜嫌いの人でも、ひとくち目から「美味しい!」と笑顔になる

マフィンを目指して、野菜と食材のバランスを調整しています。

注文を受けてから作る手作りのため、発送まで少しお時間をいただきます。

コンビニエンスストアのように「いつでもなんでも」

ご用意できる便利さはないのですが、ごほうびおやつとして

どんな人にも喜んでもらえるマフィンになれたら嬉しいです。

(2)楽しく食べてもらいたいから
「美味しい」の先にある「人と人のつながり」を大切にします。

AS muffin(アズマフィン)の野菜マフィンは

一般的なサイズよりすこし小振りにしています。

マフィン大好きなマフィン職人:妹さとこが生み出す

野菜マフィンメニューは、35種類以上あります。

「美味しいものをちょっとずつ」

食いしん坊AS muffin(アズマフィン)姉妹の願望でもあります(*^_^*)

いろいろな味を食べて戴きたいので

「おいしく3個ひとり占めできるサイズ」を基準に大きさを決めました。

AS muffin(アズマフィン)では12個焼きのマフィン型を使っています。

作り方にもよりますが、マフィン1個だけのレシピって見かけないですよね? 

もし野菜マフィンをお気に召したら…

どんどん真似して作ってみてください!

お子様と一緒に「野菜キライを克服できた記念」で再現してみたり、

友達と一緒に楽しく作ってみたり

(…けど失敗して大笑いしながら写真とったり( *´艸`))

野菜マフィンがみんなのおやつとして

楽しいコミュニケーションのきっかけになれたら、とても嬉しいです。

(3)いつでも食べてもらいたいから
こだわり過ぎず。からだにも心にも、やさしく。

自然な味わいと、手作りの美味しさを大切にしていきたいから

合成保存料、着色料、化学調味料は使用しません。

食品添加物としてはベーキングパウダーがありますが

アルミニウムフリーのもの使用しています。

野菜は知り合いの農家さんから入手するなど

できるだけ地場野菜を使っています。

みんなが美味しく食べられて、作りたくなったら気軽に作れるように。

身近な食材、安心できる材料を使うようにしています。

ごはんにも、おやつにも

毎日食べるくらい、お気に召して頂けますように。


野菜マフィンのこと

生の野菜から丁寧に下処理してマフィンに入れています。

野菜の水分が生地に多く含まれているため、

焼き上がりのあと多少時間が経っても、しっとりしているのが特徴です。

野菜嫌いの方にも美味しく食べていただけるよう

素材の相性に工夫を凝らした野菜マフィンは

季節ごとに新しいメニューが誕生します。

 

 

 

食材のこと

国産小麦、きび砂糖、新鮮卵、野菜は新鮮な生野菜を使用しています。

着色料、合成保存料、マーガリンは使いません。

ベーキングパウダーはアルミニウムフリーです。

できるだけ体に優しい食材を使用しています。

    



 メディア掲載「CAKE.TOKYO」


【はじめにお読みください】